エイジングケアは生活習慣の見直しから

エイジングケアは生活習慣の見直しから

年齢を重ねると体力が落ちて来るように、肌にも老化が起こりはじめます。女性の肌は20歳がピークだとか、25歳がお肌の曲がり角とか言われていますが、これは人間なら誰しもが経験する自然の衰えなのです。

この老化は、肌が紫外線にされされたり、あるいは皮膚の乾燥や酸化により早まるとも言われており、シミ、しわ、くすみなどは年齢とともに、当然のように増加してくるのです。

ただ、老化の原因としては外見の部分に囚われがちですが、原因は内面にあることが多く、根本的な解決には体のすべてを見つめ直すことが重要です。たとえば顔にシミができてしまう原因は紫外線を浴びたことによるケースが多くありますが、内面的なストレスによって生まれる場合も多いのです。

単純にクリニックなどでシミの除去をするだけではなく、紫外線を浴びないようにすることや、ストレスを溜めないことがアンチエイジングには求められます。

酸化の元となる活性酸素は脂質と結び付いて影響しますので、脂質の多い食事や、ストレスや喫煙などの「生活習慣」によっても肌の老化がおきやすくなるのです。

体内から健康にすれば肌の年齢が若返ります。暴飲暴食や夜遅くまで起きていると老化を早める原因になるので、根本的から生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

アンチエイジングに注目が集まるにつれ、幅広い年齢層に向けての製品も増えてきており、化粧品、サプリメントによる成長ホルモンの分泌が期待されますが、運動や筋トレ、睡眠など「生活習慣の改善」がまずは重要と言えます。

老化は保湿成分の減少が考えられており、潤いを保つことが求められがちですが、生活習慣の面からのスキンケアを怠っていると、後に後悔することになりますので、まずは日常生活の見直しからはじめるとよいでしょう。

生活習慣の見直しから